設立趣旨

スペースランド技術研究組合(SLJ :Space Land Japan)は、 組合員の協同による宇宙産業の基盤構築に関する試験研究その他組合員の技術水準の向上 及び実用化を図るための事業を行うことを目的として設立されました。

SLJは、宇宙利用事業の創出と推進を目指します。 異なる産業との連携によって新しい産業を創出しようとする活動は、これまで様々な分野で行われてきました。 宇宙利用産業は、これからその可能性を探り利用について議論されていく段階にあります。 新たな宇宙利用の産業化の可能性を、SLJに参加する企業の得意産業分野と連携することによって、 産業構造の再編への可能性を生み出したいと考えています。 SLJの活動によって国際競争力を持った自立的な宇宙産業基盤を構築します。

スペースランド技術研究組合パンフレット(表裏面)         スペースランド技術研究組合パンフレット(中面)

【SLJの目標】

・ 地球環境保全、資源開発、安全保障、観光、レジャー、不動産など、あらゆる産業分野に対する宇宙利用機会の提供

・ 宇宙利用産業の利益型事業化の実現

・ エアロンチなどの即応型の衛星打上げ機会の提供

・ 宇宙利用における基礎研究、および衛星の開発・試験・打上げまでのワンストップサービスの提供

スペースランド概念図

(C) Space Land Research Association